Slow timeを木の下で… -北本の魅力を駅から- 佐藤叶

Good!: 0 | Views: 1017

卒業研究,  卒業研究優秀作品

私の住む埼玉県北本市は、多くの自然、特産、伝統・文化がある。市民が日々利用し、観光客にとっては町の顔となる駅からこの魅力を発信すれば、地域を感じてもらう場になると考え、北本駅の設計を行った。

造形学部 (4年次制作)
住居デザイン

ホームには、『石戸蒲ザクラ』に代表される桜の町をアピールするため、桜並木を配置した。春には桜吹雪の中、電車が通る風景を眺めることができる。駅舎とロータリーは、木をモチーフとした直径と高さの異なる円形屋根をランダムに配置した。屋根の高低差により差し込む光は、床に木漏れ日の様な光と影を落とす。

構内は、特産品のトマト販売所、北本祭りで使用するねぶたや和太鼓を展示・演奏するスペース、利用者が休憩できるベンチを設けた。地域の魅力を感じつつ、Slow Timeをこの駅で過ごしてほしいと思う。

PAGETOP